2013年12月20日金曜日

お得に食べられるジェフグルメカード

金券ショップを使おう、で

ジェフグルメカード

の紹介をしました。
使える店が豊富なのでちょっと特集的な感じにしますね。

おさらい

500円の金券です。
480円で金券ショップで買えればお得です。
お釣りはでます。


では、順に使えるお店とお得度を紹介します。

吉野家

380円の牛丼をジェフグルメカードで買うと、360円で食べられる感じです。
約5%引きです。
この低金利の時代、侮れません。
最近出た牛すき鍋膳だと630円なので、ジェフグルメカードを2枚使って、40円引きの590円ですね。
WAONも使えますが、ここは迷わずジェフグルメカードです。
吉野家の株主優待を金券ショップで買う方法もありますが、吉野家の熱狂的なファンでない限り、使い勝手の点でもジェフグルメカードがお勧めです。

ちなみにモバイル会員になると時々割引クーポンが発行されます。
ジェフグルメカードと併用も可能なのでこちらもお使いください。


松屋

ジェフグルメカードが使えなくなりました。。

吉野家と同じく、380円の牛めしをジェフグルメカードで買うと、360円で食べられる感じです。
自動券売機では使えないので席に座って、店員さんにメニューを伝えて、ジェフグルメカードを渡す感じです。
店員さんが一度裏に引っこみますが、お釣りは後で持て来てくれます。
最初は勇気が要りますが、慣れてください(笑)

牛めし豚汁セット(560円)がお気に入りですが、これだとジェフグルメカードを2枚使って40円引きの520円ですね。


モスバーガー

朝のハンバーガーとドリンクのセットだと280円なので同じく、実質260円です。
昼以降だと、ジェフグルメカードを2枚使って、という感じでしょうか。

モスバーガーはモスカードがあり、3000円チャージすると60円プラスしてくれます。
2%の得ですね。
ですが、ジェフグルメカードだと最低でも4%、お釣りをもらうのでさらにプラスになるのでジェフグルメカードが断然お得です。

モスバーガーもモバイル会員があるのですが、めったにクーポンがが発行されません。
なのでモバイル会員は結構不評です。


リンガーハット

ジェフグルメカードを2枚使って、の価格帯になります。
なので40円しっかり得をしましょう。
Edyが使えますが、迷わずジェフグルメカードですね。

ちなみに、こちらもモバイル会員があります。
クーポンは毎週発行されますので来店前にはチェックしましょう。

余談ですが、地味に食べるミルクセーキがお気に入りだったのですが終わったしまったようです。


 

弱点

・ジェフグルメカードはかさばります
 私は財布には2,3枚携帯するようにしています。

・小銭が増えます
 お釣りをひたすらもらうので。


ちなみに100枚(50,000円分)使うと、なんと2,000円の得です。
まさにちりも積もれば、ですね。