2020年2月11日火曜日

SkillShiftで副業:地方の案件でスキルアップしながら報酬をいただく

終身雇用制が終わり迎えている昨今、副業(複業)への関心が高まっています。

しかし、副業というと
  • 怪しい(笑)
  • 時間給に換算すると安い
  • 時間を売っているだけで充実感が持ちづらい
といった課題があると思います。

とはいえ、なかなか副業を見つけるのが大変。
そして、スキルアップややりがいにもつなげたいという思いがある方もいるかと思います。

そんな方にオススメするのがSkill Shift(スキルシフト)です。


特徴

  • 地方の中小企業の事業課題を解決するためのスキルを提供し、その対価を頂く
  • 現在のスキルが生かせる(職種にもよりますが)
  • 地方創生、地域活性化がテーマのため、地方の案件が多いため、交通費を出してもらって地方に行けるチャンスがある
  • 報酬が月額制で明確

運営会社

株式会社grooves(グルーヴス)
になります。
が、グルーヴスとみらいワークスが合弁会社を設立し、今後はそちらで運営していくようです。

<プレスリリース>
グルーヴス、みらいワークスと副業人材と地方企業をつなぐ合弁会社「スキルシフト」設立

 

職種

  • 経営企画
  • 新規事業企画
  • 商品開発
  • 営業企画
  • 人事・組織開発
  • マーケティング
  • 広報・PR
  • 宣伝・広告
  • 販売促進
  • 海外事業
  • 資金調達
  • 経理・財務
  • 情報システム
となっております。
似たような区分もありますが赤字の案件が多くなっております。
  • 売上UPのためのお手伝い
  • 組織・人材育成のためのお手伝い
のパターンが多く、
  • 新しい視点
  • 業務経験
を求められます。

後者は特に厳しく見られる印象があり、
「未経験ですが勉強したいです」
みたいなスタンスでは採用されない可能性が高そうです。
売上UP系では販路開拓など人脈を期待されるケースもまれにあります。
逆に
  • 営業活動
  • 制作活動
は基本的には求められません。
ただし、Webデザインなどのスキルある方が需要は高まると思います。

  • 時間を売る
ではなく
  • スキルを売る
という特性があります。

よって、
  • スキルがあることをどうアピールするか
  • 自分のスキルと案件の相性がよさそうか
を考えることが重要になります。


人気

1つの案件に対して5~20名くらいの応募があります。
一方、採用は1~3名程度になり、何人採用するかは明示されていないため、よくわからないのが正直なところです。
ですが、「応募すればほぼ採用」という印象はないため、応募時は採用されるための工夫はすべきです。
採用率わからないですが、応募人数を見ると5~20%という感じです。

職種によりばらつきはあります。
マーケティング系は人気が高いです。
一方、人事・組織開発は人気が低めですが、単純に応募できる条件を満たしている人が少ないためでしょう。



案件数

2017年11月からスタートしてしますが、2019年4月位だと月間で10件ほどでまだまだ少ないな、という印象でした。
 2019年9月位だと月間で20~30件位あり、まぁまぁ選べる感じになってきました。

案件が入る時は一気に5件くらいアップされることもあるため、常時追加、という感じよりはあるタイミングで案件が殺到する感じです。
 1つの企業で複数の職種を別々に応募するケースもあります。

地方でSkillShiftが中小企業向けに説明会を実施しているようで、説明会の後に案件が増える傾向があるようです。 

2020年3月以降はコロナウィルスの影響も案件数は激減しており、4月は皆無な状況でした。
やはり中小企業が中心のため影響は大きいようです。






業種

幅広い業種があります。
傾向としては
  • ネット通販
  • メーカー
  • 観光
が多いです。
我々の日常生活に馴染みが薄い業種は人気が薄い傾向があります。


場所(都道府県)

Skill Shiftのメリットは都会に住みながら、地方に行く機会が持てることです。
そのため「どこにある会社か」は大切な要素の1つです。

自治体や商工会議所と連携して案件を募集していることもあるせいか、場所にはかなり偏りがあります。

最近、多いのは下記になります。
  • 富山県
  • 山口県
  • 広島県
  • 福岡県
  • 鳥取県
距離としては遠いところが多く、行くとすると泊りになることが予想されます。
そのため、固まった時間を確保できない人には厳しいかと思います。
また、交通の便が良い場所ではない可能性もあります。
多くの案件は現地へ定期的に訪問することが前提になっているため、応募前にアクセス手段や時間を確認しておきましょう。

首都圏にお住まいで近場で考えの場合は
  • 茨城県
  • 静岡県
の案件がたまにあるのでそれを待つ感じになるかと思います。
「地方と言えば、観光!」と思う方もいるかと思ますが、
  • 北海道のような雪が降る地域
  • 沖縄のような南国
の案件はあまりないです。

地方の企業の経営者は地方愛が強い方が多いです。
そのため、
  • 現在その地域が好き
  • その地域に縁がある(過去に行ったことがあるなど)
  • 今後好きになりたいと思っている
といった思いがあるほうがよいと思います。
また、その気持ちはしっかりとアピールするとよいと思います。


報酬

月額3万円以上
がSkillShiftの推奨として設定されています。
そのため、3万円で設定されていることが多いです。

SkillShiftだけで生計を立てるのは難しく、また金銭面で生活が豊かになるか、といえばそこまでの影響はないと思います。
スキルアップや地域貢献が主目的なんだな、と思う次第です。

逆に10万円とか設定されていると過剰な期待があるのでは?という不安も持ってしまいます(笑)

たまに、
旅費+地域特産品
となっていることもあり、報酬を目的とする場合には向かないです。

もちろん業務内容にもよるため報酬金額と業務内容のすり合わせは重要となってきます。
応募内容は簡単にしか書かれていないことが多いです。
メールや電話等でしっかり確認しましょう。
双方の想定が異なることが実際にありました。

労働時間を提供するものではなくスキルを提供するものではないため、報酬の妥当性の判断は難しいですが、時間でいうと
月間3万円の報酬
に対して

月間10~15時間の労働時間
が妥当かなと思います。
時給換算でいえば2000円~3000円ですかね。
プラスで移動時間も発生しますし、これ以下の時給であれば身近にできる飲食店のバイトと変わらなくなります。

業務内容がどうしても抽象的になる傾向があるため、報酬を上げる交渉を最初からするのは難しいと思います。
3か月ほど、業務を進めてみてから検討するのが良いと思います。


応募したい方は
【SkillShift】案件にエントリーしてみる
をご覧ください。